初級編

パラグラフの構造(基本その1)「外形はハンバーガーです」

ジャンガリアンハムスター
対象者

「パラグラフって何ですか?」とお考えの、親愛なる読者のあなた。

このページであなたに伝えたいこと

1 英語の「パラグラフ」が何なのかということ。

2 パラグラフを知ると、長文問題が読みやすくなること。

英語の「パラグラフ」とは

 

英和辞典 paragraph

『ウィズダム英和辞典・第2版』(三省堂)

 

S塾長
S塾長
結論から言うと、英文のパラグラフ」は、和文の「段落」とは違うものです。

 

パラグラフ(paragraph)には通常、「段落」という訳が当てられます。

今、手元の英和辞典(ウィズダム英和辞典/第2版)を引いてみました。

するとやはり、paragraph の意味として、第一番目に赤い字で「段落」とあります。

これはほかに適切な日本語がないため、便宜上(しかたなく)そのような日本語訳が当てられているのでしょう。もちろん辞書は悪くないですよ。

でもですね…

英語の「パラグラフ」と日本語の「段落」別の物なんです。

 

そもそも、日本語の「段落」には、「長い文章を内容などからいくつかに分けた区切り」(デジタル大辞泉/小学館より引用)といったほどの意味しかありません。

「段落」のルールも、筆者の判断で内容ごとに改行して、段落の第一行目の文頭は一字下げて書き始める、ぐらいしか見当たりません。

つまり、次のようなことが言えます。

段落には、明確な定義や、厳守すべきルールは、ほぼありません。

 

これに対し、以下のように言えます。

パラグラフには、明確な定義と、厳守すべきルールが存在します。

 

ここが、両者の大きな違いなのです。

この定義やルールを、これから順を追って、わかりやすくお話していきます。

 

パラグラフの外形

 

パラグラフは、ハンバーガーの形をしています

 

ハンバーガー

 

S塾長
S塾長
パラグラフは、ハンバーガー の形をしていますよ。
勅使河原くん
勅使河原くん
ちょっと何言ってるのか、全然わかんないんですけど。

 

では、説明しますね。

英語のパラグラフは、以下のように3段階に分けて書かれます。

日本語を使って、ものすごく簡略化しますよ。

  1.  まず、あるテーマにつき、言いたいことをサクッと簡潔に書く
  2.  次に、その内容(説明、理由、例など)を具体的に書く
  3.  最後に、言い方を変えて、再び自分の言いたいことを書く。

 

このように、パラグラフでは、①一番最初に書く文と、③最後に書く文とが同じ内容なのです。

のどちらも、あるテーマについて自分が言いたいことであり、サクッと書かれた要点(あっさりした文)です。

そして、その二つのあっさりした文のあいだに、ボリュームたっぷりの具体的な文章たち(説明・理由・具体例など)が、はさまれます。

 

これは、二つのパンのあいだに、ボリュームたっぷりの具(ハンバーグ・完熟トマト・しゃきしゃきレタスなど)がはさまれた状態、そうですハンバーガーの状態と同じなのです。

ハンバーガー

 

S塾長
S塾長
私はハンバーガーを見たら、いつもパラグラフを思い出しますよ。
御手洗くん
御手洗くん
それって、職業病の一種じゃないですか。

 

パラグラフのモデル/「キリンは首が長い」

 

さて、パラグラフのおおまかな形がわかったところで、骨格だけの簡単な図をつくってみましょう。

ここでは「キリン首が長いという有名な例を使ってみます。

 

まず、パラグラフのテーマとして「キリン」を選び、その特徴を書きたいと考えました。

そして、その特徴の中でも、「首が長い」ということについて書くことにしました。

そこで、パラグラフの第一行目に、「キリンは首が長い」と書きます。

 

これを図にすると、以下のようになります。全部日本語で書きますよ。

(パラグラフの骨格の具体例)

(1) キリンは、首が長いんです
(2) そのため、高い場所にある木の実を食べられます。

そのため、足を折り曲げずに安全に水を飲めます。

そのため、遠くの外敵をいちはやく発見できます。

(3) キリンの首って、長いんですわ

 

ハンバーガー

 

どうですか、ハンバーガーの状態に見えましたか?(見えない? じゃあ、妥協してサンドイッチでもいいですよ)

いずれにしても、上のように (1)→(2)→(3) の3段階の型にはめて書くのが、パラグラフの原則です。

 

あわせて読みたい
イグアナさん
「イグアナ」(ドリアン助川)― このチャーミングな詩を読むと、パラグラフ(あるいはエッセイ)の構造を思い出す「イグアナ」(ドリアン助川)という詩 イグアナ    ドリアン助川 イグアナはごっついで 何がご...

 

さて、この原則に、ちょっとだけ補足します。「パラグラフのかたち」のまとめです。

 

「パラグラフの外形」のまとめ

 

S塾長
S塾長
パラグラフは次の3段階で書きます。

 

(1) 最初に、これから何を述べるか(主題=テーマ)を書く。

 

(2) 次に、主題(テーマ)の内容を支えること(説明や理由など)を書く。

 

(3) 最後に、(1)で書いた主題(テーマ)別の表現で言いかえる

 

S塾長
S塾長
これをさらに補足しますよ。

 

(1) 主題を述べる文は、通常はパラグラフの第一文目に書かれます。

要点だけをサクッとシンプルに、一文で書くのが普通です。

(2) の文は、(1) で述べた主題「説明」や「理由」や「具体例」などです。

第一文に書かれた主題を支える(サポートする)働きをします。

(3) の文は、(1) の言い換えなので、省略されることがあります

話の内容が明らかな場合は、くりかえして述べる必要がないからです。

 

S塾長
S塾長
上で述べた、パラグラフ中の (1) (2) (3) の各文には、ちゃんと名前が付いています。

特に(1) は絶対に覚えて下さいね。

 

(1) 主題文トピック・センテンス)

(2) 支持文

(3) 結論文

 

御手洗くん
御手洗くん
今回はここまでです。ひきつづき、「英語のパラグラフの構造(その2)」をご覧ください。

 

あわせて読みたい
不思議そうな猫
パラグラフの構造(基本その2)トピック・センテンス さらに、「パラグラフの読み方」を学んだ後に、「エッセイの読み方」を習得すれば、エッセ...

 

チーズバーガー
勅使河原くん
勅使河原くん
ちなみに、自分はチーズバーガー派です。