塾長の雑記帳

武者小路実篤「おお川よ、川よ」― 二面性という魅力をもつ詩人の言葉に痺れる

渓流

 

おお川よ、川よ

 武者小路実篤

 

おお川よ、川よ、

おお川よ、川よ、

お前はそんなに性急(せっかち)に流れてはいかん、

よく考えてゆっくり流れよ、

 

『武者小路実篤詩集』(角川文庫)

※現代かなづかいで表記しています。

 

武者小路実篤

「武者小路実篤」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年4月23日 (月) 14:45 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

(注)実篤さんです。だるまさんではありません。

 

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)

明治18年(1885)ー昭和51年(1976)

日本の詩人。90歳10か月没。

 

カッコいい武者小路実篤

 

「名前がかっこいい詩人ベスト30」くらいには、毎年必ずランクインしそうな、武者小路実篤さんです。

いや、ベスト30て、中途半端な。

 

さて、武者小路実篤さんは、明治時代(1885年)に生まれた人ですが、21世紀の現代でも、その詩作品はもちろん、『友情』や『愛と死』といった小説でも、広く知られていますね。私も読みました。

 

また、実篤さんの次の言葉は、きっとご存知かもしれませんね。

 

この道より

我を生かす道なし

この道を歩く。

 

はい、数え切れないほど引用されてきた、力強い言葉です。

実篤さん、じつは名前だけでなく、残した言葉もカッコいいんです。

そして極めつけは次の詩です。私がもっとも愛する、実篤さんの言葉です。

 

 

師よ師よ 武者小路実篤

 

「師よ、師よ

何度倒れるまで

起き上がらねばなりませんか?

七度までですか?」

 

「否!

七を七十倍した程倒れても

なお汝(なんじ)は起き上がらねばならぬ」

 

※ふりがなを加え、現代かなづかいを用いました。

 

この『師よ師よ』という詩は、弟子とその師の会話で成り立っています。

七転び八起きくらいではまだまだ甘いぞ。倒れても倒れても、何度でも立ち上がってこい!」

このように叱咤激励する師の言葉が、この詩を読み返すたびに、私の心臓の裏側にまで届くのです。

 

 七を七十倍した程倒れても

 

七転び八起きの「七」を七十倍すると490回になりますが、これは「無数」の比喩でしょうね。数え切れないほど何度倒れても、と師はおっしゃっている。

 

七の七十倍であろうと、七百倍であろうと、七千倍であろうと、私たちは生きている限り、転んだら、立ち上がらなければならない。

そう、私自身も。

そして、今これを読んでくれている、あなたも。

何度も、何度でも、きっと。

そう思わせてくれる、カッコいい実篤さんが、ここにいます。

 

水墨画の達磨

(注)水墨画の達磨(だるま)大師です。実篤さんではありません。

 

笑わかそうとする実篤さん

 

さて、冒頭の詩『おお川よ、川よ』に話を戻します。

実篤さんはおそらく、川に話しかけるふりをしながら、自分自身に対する戒めとしてこの詩を書いたのだろう、ということは想像がつきますね。

 

「なんにも考えずに、衝動的に行動してはいかんぞ、自分事前にきちんと計画を練るとか、その考動によって生じる結果が、周囲にどのような影響をもたらすのか、とか、よぉく考えてから、行動しないとね、自分よ

こんな感じですかね。

 

だがしかし……いや、ちょっと待てよ、ほんとにそんな意味があるのか?

この人、笑わかそうとして書いただけなんじゃないか? 

……という疑いが生じることも、実は否定できないような気がします。

しかも、この詩、最後は読点で終わってるし。

 

というのも、実を言いますとね……武者小路実篤さんの詩は、あまりに素朴というか素直というか……まあ、冗談みたいなものがけっこう多いからなんですよ。

前掲の角川文庫の解説にも、荒川洋治さんがこんなことを書かれています。

 

だから実篤の詩は、表現や技法を凝らした現代的な詩を書く人や批評家には、どちらかというと、冷遇されている。

いわゆる詩というものから、もっとも遠いものとみなされているのである。

ただの意見を書いた詩だとも言われたりして。

 

『武者小路実篤詩集』(角川文庫)解説

 

そんな…せつない……。

 

でも…実際、「これがあの詩人の作品だよ」と、あらかじめ教えられていなければ、「子どもが書いたよね、これ」と言ってしまいそうな詩があるんです、けっこうな割合で。

 

たとえば、次のような詩。あえて、原文の旧かなづかいのまま、ご紹介します。

「しやうがない奴」とは「しょうがない奴」、「さうだ」とは「そうだ」と読んでください。

 

しやうがない奴

 武者小路実篤

 

「しやうがない奴だ」

「さうだ、しやうがない奴だ」

「君がだぜ」

「さうだ、僕がだ」 

 

いや、これ詩? 実篤さん…。

 

僕から見ると

 武者小路実篤

 

僕から見ると

自分は可愛い

 

いや、それ、なに?

たしかに、かわいいけど…

ぜったい笑わかそうとしてるやろ、きみ。

 

笑う羊

思わず笑うヒツジ