塾長の雑記帳

室生 犀星「誰かをさがすために」―愛の詩集を編み続けた人(プラスアルファ)

一人ぼっち

 

誰かをさがすために

室生犀星

 

きょうもあなたは

何をさがしにとぼとぼ歩いているのです。

 

まだ逢(あ)ったこともない人なんですが

その人にもしかしたら

きょう逢えるかと尋(たず)ねて歩いているのです。

 

逢ったこともない人を

どうしてあなたは尋ね出せるのです。

顔だって見たことのない他人でしょう、

それがどうして見つかるとお思いなんです

 

いや まだ逢ったことがないから

その人をぜひ尋ねだしたいのです。

逢ったことのある人には

わたくしは逢いたくないのです。

 

あなたは変わった方ですね。

 

はじめて逢うために人を捜しているのが

そんなに変に見えるのでしょうか。

人間はみなそんな捜し方をしているのではないか、

そして人間はきっと誰かをひとりづつ、

捜しあてているのではないか。

 

(表記を一部変更しています)

室生犀星さんの像

室生犀星さんの像(金沢市)

  • 「室生犀星」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019年1月15日 (火) 11:32 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

 

室生犀星(むろう さいせい)

明治22年(1889)―昭和37年(1962)

石川県生まれ。詩人・小説家。

 

 

「誰かをさがすために」

 

いつの時代も、自分の足で

 

歩く人の後ろ足

 

詩人としての室生犀星の作品は、次のようなフレーズが一番有名かもしれません。

いかにも、国語の教科書に載っていそうな作品です。

ふるさとは

遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

 

これは、大正7年の詩集『抒情小曲集』巻頭の詩の中のワンフレーズです。

この作品も、もちろん、深く立ち入って鑑賞すれば、イイですよ。かなりイイ。

でも今回は、文学の話とか詩歌の鑑賞とかは置いといて、「愛」についてだけ考えます。「愛」ですよ、「愛」。いや、何回も書くとけっこう恥ずかしいですが。

 

犀星さんが「愛」について書いた作品の中でも、冒頭にあげた「誰かをさがすために」という詩は、とくにわかりやすく、いつの時代も共感を得られるものだと思います。

この詩は、二人の人物が対話しているようにも読めるし、一人の人間が自分と対話している(つまり、ひとりごとを言っている)ようにも読めますね。

いずれの読み方をしたとしても、「愛」を求めるという、人の心の根っこの部分は、明治時代も21世紀の現代も、変わらないのですね。

男も女も、自分にとっての、運命の「誰か一人」を探し求めて生きる。

その「誰か一人」が運よく見つかる人もいれば、残念ながらそうでない人もいるでしょう。

 

今これを読んでくれているあなたが、もし、年若い方であるならば、インターネットが存在しなかった時代のことを、少しだけでいいから想像してほしいのです。

現代とは異なり、たとえばSNSなどを利用して、世界中の未知の人とつながる手段がなかった時代には、運命の人を「捜しあてる」ためには、本当に自分の足で歩いて探すしかなかったのです。

たとえば、私は昭和の時代に生まれましたが、この時代は本当にそうだったのです。もちろん、お見合いや、誰かの紹介や、何らかの機関を経て、「運命の人」と出会う人もいたでしょう。

 

しかし、多くの人は、自分の足で外へ踏み出し、一人でも多くの人々と出会い、その中から、「誰か一人」をさがしあてようとしていたのです。

だから、そのような時代に生きた人々にとって、室生犀星のこの詩は、たんなる比喩的なものとは感じられないでしょう。私はそう思うのです。

 

そしてまた、現代を生きる人々であっても、最終的には、自分の足で歩いて会いにいかなければならないでしょうね。

運命の人を「捜しあてる」ためには、どんな出会い方をしたとしても、やはり、その人のところに、確かめに行かなければならないでしょうから。

 

あなたの後ろ姿

 

さみしい後ろ姿

 

犀星さんの「誰かをさがすために」という詩は、さみしいですね。

とくに、冒頭の一文はさみしい。

きょうもあなたは

何をさがしにとぼとぼ歩いているのです。

 

この「あなた」とは、この詩を書いた本人かもしれないし、だれかほかの人かもしれない。

あるいは、世の中のすべての男女のことかもしれない。

町の人ごみの中をあてもなく、とぼとぼ歩く「あなた」のうしろ姿が、ぼんやりと目に浮かぶようです。

 

どこへ行っても、だれと会っても、「誰か一人」を捜しあてることができない。

本当は、そんな人はいないんじゃないか?

自分はこのまま、ずっと一人なんじゃないか?

いや、ちがう! 自分にだってきっと…

そんな思いで今日も歩く「あなた」。

この詩は、そんな詩なのでしょうね。

ことばの着物

 

花柄の着物

ことばの後ろ姿

 

犀星さんは、「愛」について、すてきな詩をたくさん書きました。

ただ、現代の目で見れば、書かれた時代が古いゆえ、その詩の多くは、現代の言葉とは異なる、古い表記が用いられているのです。

たとえば、

「今日」が「けふ」だったり、

「めぐりあい」が「めぐりあひ」だったり、

「昨日いらっしゃってください」が

「昨日いらつしつて下さい」だったりします。

 

明治生まれの犀星さんの詩が、現代の私たちにとって、なじみにくいのはしかたありませんね。

でも、だからこそ私は、現代に生きる、とくに若い人たちに、わかりやすく伝えたいと思うのですよ。

犀星さんのすてきな「ことば」たちを。

すてきな「ことば」は古い着物を着ていても、新しく出会う読み手に対して、常に新しい感動や衝撃を与えてくれることを。

そしてまた、その「古い着物」には、現代にはない味があったりするのですよ。

なんてね。

プラスアルファ

 

「ポケットに名言を」と言った魔術師のこと

 

魔術師

その昔、寺山修司という人がいました。

この人は言葉の魔術師であり、丸めたハンカチの中から、たくさんの言葉を取り出したり、シルクハットの中から、詩や俳句を、大空に向けて飛び立たせたりしていました。

彼はまた、世界中の名言や詩歌をノートに書き留めた後、それをまとめて発表するのが好きでした。

 

そんな彼がこんなことを書いていました。

人の言葉ばかり紹介していると、たまには自分の言葉で語りたくなる。

さて、今夜は私も、なんとなく、このすてきな魔術師のまねをしたくなりました。

 

というわけで、自分の言葉を少しばかり、ここに置いていこうと思います。

 

かくれんぼについての2篇

 

もう、ずいぶん前のことです。

若かった私は、室生犀星の「愛の詩」に出会いました。

私は当時、たい焼きと、詩歌を愛しており、同時に習作を試みていました。

(たい焼きの習作を試みていたわけではないですよ)

 

室生犀星の「誰かをさがすために」に感銘をうけた私は、二篇の詩をノートに書きました。

今夜はこの二篇をここに置いてゆきます。

では、おやすみなさい。

 

二匹のかくれんぼ猫

 

さみしいかくれんぼのお話

 

かくれんぼの

いいところは

居場所はわからなくても

まちがいなくどこかに

相手がかくれている

というところです

 

かくれんぼの

さみしいところは

相手の名前を

いくら呼び続けても

けっして こたえてくれない

というところです

 

いるかどうか

わからない相手を探す

かくれんぼ

 

顔も名前も

わからない相手を探し続ける

かくれんぼ

 

人の一生は

さみしいかくれんぼに

似ているかもしれません

 

 

千年かくれんぼのお話

 

そうですか

わたくしのことを

探しておられましたか

何年も 何十年も

 

奇遇ですね

わたくしもあなたを

探しておりましたよ

生まれる前から

 

もう離れないように

ふたりの寿命が尽きるまで

手をつないでいましょう

 

おたがいの寿命が

尽きましたら

また始まりますね

 

ふたりだけの

長い長い かくれんぼが

 

ふたりでおたがいを

探し合う かくれんぼが

 

来世では すぐに

あなたに見つかるように

世界一さみしい顔をして

あなたを探しますから

 

世界のどこにいても

あなたに見つかるように

 

わずか一日でも早く

あなたに見つかるように

 

世界一さみしい顔をして

あなたを探しますから