英文法の部屋

2019年度用 センター英語 並び替え[語句整序]過去問出題リスト

キツネみたいな可愛い動物
このページであなたに伝えたいこと

受験対策はまず、過去のデータを知ることが大切である。

ごあいさつ

 

S塾長
S塾長
こんにちは、自称「センター英語職人」のわたくしです。今年もまたこの季節が参りました。

「現実世界」における、私の塾の授業でも、高3の皆さんは、そろそろセンター対策を視野に入れた授業に移行する時期です。

そこで、このサイトでも、2019年1月初旬までは、「虎のように」センター英語に挑む講座を開講したいと思います。よろしくお願いしますね。

 

御手洗くん
御手洗くん
「リアル世界」の塾の授業もちゃんとやってくださいよ。
S塾長
S塾長
ラジャー。

 

センター英語 並び替え[語句整序]過去問出題リスト

 

S塾長
S塾長
第1回目は、並び替え問題を取り扱います。まずは、この19年間の出題履歴を確認しましょう。
平成難度主要な出題テーマ
30so that 人 can,get to do
the second 最上級
give+物+to人,関係代名詞
29find O C,形式目的語
cost(2重目的語)
How come S V ~ ?
28仮定法+進行形+間接疑問文(丁寧な依頼)
使役動詞 let,send(2重目的語)
come to do,不定詞形容詞的用法
27仮定法過去完了,for sure
charge(2重目的語),受動態
too ~ to 構文
26advise を用いた間接話法
talk 人 into ~
get+O+C(状態)
25as ~ as (倍数表現)
owe+O+to 名詞,what S be
be ~ enough to do
24find O C,形式目的語
付帯状況の with
be forced to do(受動態)
23関係代名詞の省略
call+代名詞+in (代名詞と副詞の位置)
無生物主語,help+人+原形動詞
22make O C,what 節(名詞説)
owe(2重目的語),関係代名詞の省略
where 節(名詞説)
21無生物主語,関係代名詞の省略,have ~ effect on
述語動詞の選択(ひっかけ問題)
仮定法(if の省略により生じる倒置)
20It seems that,It is that (when) 型の強調構文
使役動詞 let
無生物主語,関係代名詞の省略
19seem to do,疑問詞+to 不定詞,the same A as B
仮定法(丁寧な依頼)
進行形不定詞
18無生物主語,help+人+原形動詞
無生物主語,show(二重目的語),関係代名詞what
等位接続詞,permit+人+to do(受動態)
17関係代名詞の省略,完了形
make O C,形式目的語,疑問詞+to 不定詞
関係代名詞節を含む主語
16関係代名詞節を含む目的語
used to,付帯状況の with
It is that 型の強調構文+関節疑問文
15only to 不定詞
知覚動詞,while節中の S be 省略
動名詞の意味上の主語(目的格)
14be not sure who 節
give(2重目的語),比較
同格のthat節,be to 不定詞,make O C
13make sure that,so that…can
as though(仮定法過去)
seem to do,進行形不定詞,等位接続詞
12make oneself understood
受動態の不定詞
比較,分詞構文,compared to

 

センター英文法の対策としてやるべきこと

 

(1)  出題傾向を分析すること。

(2)  来年の予想をある程度立てること。これは、学習事項に優先順位をつけるためです。

(3)  出そうな文法事項(問題)を先にマスターする。

(4)  くりかえし出題されるパターンの類題を先にマスターする。

 

S塾長
S塾長
特に(1)や(2)は、学校の先生や塾講師の仕事だと思います。受験生のみなさんは、(3) 以降をしっかりとお願いします。

私が、絶対に避けるべきである、と考えるやり方は、センター試験の出題傾向をまったく知らないまま、ネクステなどに載っている問題を、最初のページから順番にやっていくことです。

こういうやり方は、まず、効率が悪すぎます。さらに、次のようにも考えます。

すなわち、傾向の違う私立大学の問題や、難問のたぐいをやっても、センター試験にはあまり効果がないからなのです。

このお話はまだ続きます。

今回はひとまず、ここで終了です。

 

勅使河原くん
勅使河原くん
また、お会いしましょう。